ゆめの木のある日常

日常のちょっとしたことのつぶやき

心も身体も道具である

中村天風先生がインドで修行中に悟ったこと。

 

心も身体も道具である。

 

道具は大切に感謝をして使わないといけないですね。

また心という道具を使いこなせるように意識して努めていきたいものです。

 

今日も絶好調!!!

最初に言葉ありき

最初に言葉ありき。

幸せだと思えなくても

幸せだ!

って言ってごらん。

 

お店で天ぷら蕎麦を食べたい時も

天ぷら蕎麦下さい。

って言わないと出てこないでしょ。

 

この斎藤一人さんのシンプルなお話がとても大好きです。

 

今日も絶好調!!

エッチ本の買い方は人それぞれ

こんにちは(╹◡╹)

私、大学生の頃に古本屋さんでバイトしてました。2年くらいしていたんですよ。

 

古本屋と言っても漫画専門店です。

2年間で実にいろんなお客さんを見てきました。その中で一番印象深かったのが

 

エッチ本を買うお客さんの行動

 

そこの漫画古本屋さんの社長は、

見た感じ未成年かな?っていう微妙なラインのお客さんにはエッチ本は売ってあげなさい。という方針でした。

そしてエッチ本を買うお客さんに対しては、素早く紙袋に入れて差し上げなさい…という心遣いも教えて頂きました(笑)

 

そんな古本屋さんでエッチ本を買うお客さんのパターンを紹介します。

 

①男前タイプ

実に堂々としている男前タイプです。後ろに女性客が並んでいようが関係ないぜ!っていうお客さんです。

当然ながらエッチ本10冊とか大人買いされる方が多いですね。

f:id:yumenoki2017:20180616183154j:image

 

②ダミータイプ

実はわたしエッチ本買いませんよ…っという振りをしつつ、3冊本を買うんです。

モチロン真ん中の本はエッチ本です(笑)

ハンバーガーのようにエッチ本を真ん中にして上下のマンガをダミーにして隠すのです。よくよく見ると上下の漫画は100円のあまり売れていない本だったりします。きっと上下の漫画は読まない(笑)

f:id:yumenoki2017:20180616184402j:image

 

③緊張タイプ

きっと初めて買うんだろうなっていう高校生?の子。

凄くわかる(笑)自分も高校生の時、本屋さんで初めて買った時は心臓ばくばく(笑)

手も震えていて、お釣り渡す時も手が震えていて…

大丈夫大丈夫!バレないように渡してやるからな!と心の中で応援していました(笑)

 

ふと…そんな事を思い出したので書いてみました(笑)懐かしい思い出です(╹◡╹)

 

神さまは梅干しを与えない

神さまは梅は与えるが

梅干しは与えない。

梅干しにするのは自分自身の知恵や勇気や行動…

 

梅干しでなくてもいい。

梅酒でも梅昆布茶でもいいのだ。

 

自分は梅をどんな物に変えていこうかなっと(╹◡╹)

 

それでは今日も1日皆様にとって素敵な1日になりますように( ͡° ͜ʖ ͡°)